高橋恵美子のやさしい手ぬい
Home > 高橋恵美子の手ぬい
English
お問い合わせ
サイトマップ
 
                はじめに
 小さなスペースでゆっくりと針をすすめていく“手ぬい”は
誰にでもできる優しいぬい方です。
チクチク針を動かしていくと時間が静かに流れて、心が安らかになります。
でき上がりはふっくらとやわらか。
ひとつひとつ自分の手で仕上げていく喜びがあります。
大切な布をぬうときには、手ぬいが一番の方法だと思うのです。


いつでも、だれもが楽しめる手ぬいのすばらしさを再発見してから、
15年近くの歳月が過ぎようとしています。
昔から日本に伝わる着物を作る方法としての“手縫い”を
今の時代に合った洋服や袋ものを作る“手ぬい”にするために工夫を
重ねてきました。
そして、丈夫にしっかりぬい上がる“返しぐしぬい”というオリジナルのぬい方をはじめ、手ぬいにあった仕上げの方法をいろいろと作りだしてきました。


赤ちゃん服、バック、小物、大人の女性のための服、いろんな分野の作品を
楽しめるように本をつくって
います。

                  
               手ぬいの基本


「手ぬい」は誰もが手軽にできる簡単なテクニック。
使いやすい道具を揃えたら、
「手ぬい」の基本を覚えて、楽しく作品を作りましょう。


糸と針

手ぬいに合った針と糸を用意しましょう。
よい針とは自分に合った使いやすい長さで、針すべりのよいものです。
和裁用の四の三をおすすめします。
待ち針も細い、シルク待ち針にしましょう。
糸はポリエステルのシャッペスパン手縫糸を使っています。
手ぬい専用に作られた糸で、糸のよじれ防止のために右方向に糸を撚っているのでぬいやすく、色数も豊富です。
丈夫でしなやかにやわらかくぬい上がります。
手ぬい糸の端をはさみで斜めにカットすると、通しやすくなります。

糸の長さ
糸は長すぎても短すぎても、ぬいにくいものです。
針に糸を通して、曲げたらひじから15cmくらいが、ぬいやすい長さ。
糸は一本どりで使います。


素材や織り、厚さなどによって、様々種類があります。
手ぬいに適した針通りのよい、やわらかい布を選びましょう。


手ぬいの基本のぬい方
並ぬい
手ぬいの基本。ちくちくリズミカルにぬっていきます。
@針を裏に出すときは、針を押しながら、左手で持った布を手前に引く。
A表に出すときは、左手で持った布を下に押しながら針を出す。
返しぐしぬい
2、3針並ぬいしたら、ひと針戻ってぬいます。丈夫に仕上げたい部分に。
@等間隔に2、3針ぬう。
A
ひと針分返して針を入れ、ふた針先に針を出す。
B
1と2をくり返してぬっていく。

ぬいはじめとぬい終わり

玉結びをして糸を通したら、はじめにふた針返してからぬい進みます。
ぬい終わりも同じようにふた針返し針をしてから玉止めをつくります。